Best Timing 【リフォーム時期】

住まいのリフォーム・改装時期は何時ごろがいいのだろうか? 下記の情報を目安に大切なお住まいのリフォームを考えてください。 一般に戸建やマンション、ビルが劣化するとは、次のようなケースが挙げられます。

Q.なぜ、リフォームを行うのか?

基本的には ①安全性の確保・危険防止 ②機能性の確保 ③快適性の向上

などから補修を考えるのが一般的です。 快適な生活や仕事を考えると、外壁のチェックを定期的に行うことをおすすめします。 大切な建物のために。

Q.建物の劣化原因とは?

建物の各構造別に標準的なリフォーム時期の目安を表示します。

塗装箇所 改装時期 劣化状況
コンクリート構造物 3~8年 チョーキング、ヒビ割れ、浮き、はがれ等
鉄部 2~3年 塗膜の剥がれ、鉄部粗面の露出発錆
木部 3~4年 塗膜の剥がれ、ヒビ割れ、はがれ

標準的なリフォーム時期の目安

・外壁にヒビ割れがある ・外壁を触ると、手が白くなる ・外壁塗装が剥がれている ・カビが生えている ・表面に小さな穴がたくさん開いている

建物が老朽化しているかどうかの判断は難しく、一般の方にはなかなか判断できません。 しかし、外壁をパッと見ただけでも上記のような点が挙げられます。

まずは、お住まいやビルなどの外壁を見て、劣化状況を確認することをおすすめいたします。

Q.リフォーム・改装により得られる

建物の劣化原因は下記の様々な要因が複雑に絡み合い、劣化を促進させます。

①太陽光線・降雨・降雪 (紫外線・酸性雨などによる塗膜、コンクリートの劣化) ②有害ガス (オゾン・大気汚染や二酸化炭素によるコンクリートの中性化) ③粉 (ほこりや砂、鉄道脇の鉄粉など) ④微生物 (かび、藻など)

外壁の病状をチェック

財産価値を高めます。
建物は一生の不動産です。 外壁の汚れや損傷はただ単に見苦しいだけではなく価値評価を下げる重要な要因になってきます。 リフォーム・改装によりいっそう財産価値を維持できるだけではなく高めることもできます。
住まい・建物を長持ちさせます。
現在では単に建物の維持・保守から積極的に寿命を伸ばすという方向の考え方が主流になっていますが、 技術を誇る当社のシステムは、細部まで十分にお応えできる内容になっています。
美しく改装された建物は注目を集めます。
住む方々が自信と誇りの持てる家はお客様にも喜んでいただけます。 改装によりイメージチェンジはもちろん、さらにイメージアップでこれにお応えします。 当社では、色彩の面からもご相談に応じ、周囲との調和を図って住みやすい環境作りに貢献いたします。
危険の防止につながります。
特に高層住宅ともなると、老朽化による下地からの浮きで塗膜の一部が脱落したり、 磁器タイルでは、剥落するという危険をはらんでいます。 当社ではリフォーム・改修によって安全をお届けし、安心のできる住まいを提供致します。